ベトナム人採用メリット

昨今、外国人労働者の就労数が右肩上がりに急増している日本。
なかでもベトナム人はここ数年で急増し、今や中国人に次ぐ第二位の人口数でもあります。
ここまで急増した背景には何があるのでしょうか?

まず注目したいのはベトナムが経済的に発展途上国であり、ベトナム国内で就労にて稼げる給与も日本より数倍少ないです。いわゆる出稼ぎという言葉があてはまるかはともかくそれに近い状態であることは間違いないでしょう。

次に親日国であり、仏教を信仰する国民が大多数と類似点が多々あるという点があげられます。若者は非常に真面目で勤勉な人材が多く、ベトナム国家における教育費の国家予算の割合も日本の倍と教育に非常に力を入れている国だということがわかります。
しかし、大学を卒業しても希望の就職先に就けないという国としての問題を抱えており、給与・技術水準の高い日本を目指す若者が多いという実状もあります。

最後に、これまで第一位であった中国の人件費高騰により人材確保に向けて東南アジアに市場が移ってきているという点があります。

こういった流れの中でベトナム人人材が国内に急増した訳ですが、今ではなくてはならない貴重な労働力となっています。
産業を支えているといっても過言ではないと思います。
留学生のコンビニアルバイトをしている人を都内で見ない日はありません。彼らがいないと成り立たないのです。

当社では特定技能実習生制度を活用し最善のご提案させていただきますので、お困りのことがあればお気軽にお問い合わせください。

ベトナム人採用デメリット

外国人を雇用するということは、コミュニケーションが円滑に取れないことを、あらかじめ許容しなくてはいけません。

これは言葉はもちろんですが、文化や国民性が異なるため日本では良い行いでも、雇用した外国人からすると失礼にあたるような言動になるかもしれません。

正確に文化の違いを意識し、相手を尊重した上で意思疎通を図ることが大切です。

どうしてわざわざ海外から?

わざわざ海外から呼ぶメリットは、地方にも人材のご紹介をできるという点です。
どうしても留学生や、日本に在留資格を取得してすでに就労されている方々は情報量も国外の方とは比べ物になりません。そういった人たちはやはり東京・愛知・大阪・福岡など大都市圏での就職希望(特に首都圏)をしていますので、地方では集まらないというデメリットがございます。
もちろん日本語堪能な人材をご希望される企業様には留学生の提案も差し上げておりますのでご相談ください。