送出し機関とは

「送出機関」(おくりだしきかん)とは、技能実習制度において技能実習生を日本の監理団体に取り次ぐ海外現地の機関のことをいい、取り次ぐだけでなく、取り次ぎ前の技能実習生の募集や選抜、日本語教育などの準備を行なっている機関もあります。
技能実習生制度だけでなく、特定技能外国人の送出しにおいて外国人労働者の取り次ぎや取り次ぎ前の準備の役割を担うことも想定されます。
原則として、技能実習制度に関して日本政府と送出国政府との間で二国間取り決めを締結し、当該取り決めに基づいて送出国政府から認定を受けた「送出機関」を掲載しています。

技能実習生の募集と選抜

送出し機関は技能実習生候補者を直接、または派遣先企業との契約を行い技能実習生の募集を行います。日本での受入先企業と帰国後に派遣される企業の職種などを考慮し、日本で修得した技術が帰国後に活かされるための人材を選抜しマッチングを行います。

帰国生の活用の検討

技能実習生の送り出しを希望する機関、特に派遣企業にとっては、帰国生の技能経験・ノウハウを組織の中でどのように活かすかという検討も重要です。技能実習生は、目標があれば日本での技能実習にも一層意欲的になり、より効果的な技能実習が期待できます。

技能実習生への派遣

技能実習生を送り出す上で、制度の目的を理解し帰国後に修得した技能を活用することや、日本の交通ルール・生活ルール、日本での失踪は厳禁であることなどの心構えや責務を教示し、充実した技能実習が行えるための事前教育を実施します。

より効果的にかつ安全に技能等を修得するためには、周囲の日本人とのコミュニケーションが不可欠です。送出し期間は派遣前にどの程度のレベルまで日本語学習を行う必要があるか監理団体と協議の上、技能実習生に対し日本語教育を実施します。

技能実習生が心身ともに健康な状態で日常生活を過ごすことができるよう、日本の生活習慣・マナー・公衆道徳など、日本で生活するのに必要な最低限の知識やノウハウをを身に付けるための派遣前教育を行います。