技能実習制度の導入をフルサポート

外国人技能実習制度を導入し有意義な技能実習を行うためには、信頼できる監理団体とパートナーシップを確立させ、受入れ先となる企業が求めるニーズや要望を把握した上で資質・意欲を持った実習生の選抜をすることがもっとも重要となります。また、日本での生活に関する知識などの事前講習を実施します。当社では外国人技能実習制度の送り出し機関として人材募集および選抜、入国手続き支援、企業への配属後のサポートを実施し、実習生への定期的な訪問などワンストップでフルサポート致します。

企業に適した人材のヒアリング

外国人技能実習制度は平成5年に創設以降、徐々に認知され今日では人材育成に協力的な企業も増加してきています。しかしながら、日本での実習志望者に対して受入れ企業の数は不足しており未だ十分とは言えません。
当社では、外国人技能実習制度をより多くの企業へ認知していただくための普及活動を行っております。
制度導入までの手引きや、企業が必要とする人材をヒアリングすることで実習生と受入企業の適正なマッチングを行い双方にとって有意義な実習期間となるようお力添えをさせていただきます。

現地面接による意欲的な人材の選抜

当社で行われている派遣前教育や面接を実施することで表面上の成績や技術のみでなく、言語や習慣の異なる日本で長期的に実習を行える精神的な強さ(メンタル面)も重要な指標として人材選抜を行なっています。

入国手続きと1ヶ月の国内講習

在留資格認定・ビザの申請

人材選抜の確定後、実習生と受入契約を締結していただきます。実習生が入国準備を行なっている間に、様々な申請作業を行います。
受入先企業様には「技能実習計画書」を作成していだきその他の資料も含め外国人技能実習機構へ申請します。計画が認定され次第、入国管理局への在留資格認定申請やビザの申請を行います。
受入先企業様に作成していただく資料がございますが、当社も協力させていただきますので遠慮なくご相談ください。

入国後1ヶ月間の国内講習

技能実習生は入国後約一ヶ月間の間、日本語講習センターのカリキュラムに沿って国内講習を受けてもらいます。日本語やマナーなど日本で生活するために必要な知識、常識を主に講習を行います。
当社では講習期間中に実習生との信頼関係を構築することも重視しており、実際に企業へ配属されたあとも就労に関する悩みや相談を話し合える関係性を築き仕事上でのメンタルサポートも行なっていきます。

技能実習期間中のサポート

企業での実習期間中の支援

受入先企業様への配属が決定し、いよいよ技能実習が実施されます。
配属後は月1回実習生との面談・健康診断を行い就労に関する困りごとや悩みなどの相談を受けます。
また、受入先企業の皆さまの実習生への要望や相談もお伺い致します。
当社では24時間のサポート体制で緊急時にも対応させていただきます。

日本の文化や習慣を体験するイベントの開催

日本の文化や習慣も学ぶ

技能実習生の目的は帰国後に母国の経済発展に役立つための技術の習得ですが、仕事だけではなく休日に観光やイベントを開催することで日本文化や習慣を体験し、技術とともに日本での良い思い出を持ち帰ってほしいと願っております。